トップ / 講義型ビジネス研修とは

ビジネス研修の種類

講義型ビジネス研修とは

ビジネス研修:講義型形式

ビジネスにおけるOFF-JT(職場外研修)のひとつ「講義型形式」についてご説明します。講義型のビジネス研修は、基本的に講師が参加者に対し、テキストや資料などを用いて内容を解説・説明をするものです。コミュニケーションとしては、講師から多数の参加者へと一方向的なものになります。メリットとしては、大勢の参加者を一度にまとめて教えることができます。また、体系的、理論的な内容を教えるときに向いています。しかし、この形式の場合、内容の理解度は参加者各人の受け取り方によるところが大きく、あくまで参加者各人の「個人学習」になります。

大人数の研修は形式が成果を生む

採用者数が多かったり複数の部署に関係する従業員に新知識を教え込みたければ、研修の形式を熟考しないと目立った効果に結びつかないです。指南する役割の人物を大量に投入しても、与えられる情報量が異なりビジネスですぐ使える水準に漕ぎ着けられません。講義型の研修を推進することによって、大人数に特有のメリットを実感することが可能です。メリットの最たるものは、講義型の形式ならば教示者が少数で事足りることです。ビジネスのためとはいえ物事を伝授する人材を多く確保すると費用が増大するので、一度に多くの人材を教育できる方法が有効です。

↑PAGE TOP

Copyright © ビジネススキルを磨く. All rights reserved.